hiroshi_noda’s diary

野田拓志が【アイデア、経営、起業】などをキーポイントに、全国の経営支援をする中で思ったことを書いていきます。

『アイデアで身の回りの人生を1cmでも良くしよう!』
アイデア発想・アイデア研究・経営・マーケティングなど
全国で経営支援をする中で気になったことを書いていきます。

目指すレベルであなたのライバルと数は変わってくる

自分自身の成長、自社の成長を

考えた時、目指したいレベルによって

ライバルの数は異なる。


そのため、目指すレベルによって、

自分の時間の使い方は異なってきます。

 

例えば、

【地域で一番を目指す場合】

ライバルはその地域内の会社になる。


都道府県で一番を目指す場合】

ライバルは都道府県内の会社になる。

 

【日本で一番を目指す場合】

ライバルは日本全体の会社になる。


【世界で一番を目指す場合】

ライバルは全世界の会社になる。

 

f:id:hiroshi_noda:20180219135818j:image

 

このように、

自分がどのレベルまで成長したいかによって、ライバルは異なってくる。

 

そのため、

活動スピードという観点で考えると
自分はどのスピード感で

活動しなければいけないのかのヒントが見えてくる。

 

もし、日本一を目指すのであれば、

日本一を目指している人や会社よりも

早く活動し続ける必要がある。

 

つまり、後発でスタートするような場合は、
目指したいレベルを1つ上げるくらいの目標で

活動すれば、追いつくことができるだろう。

 

【まとめ】

 

人間に平等に与えられている

時間をどう使うかが、

成長に大きく関わっている。

 

目指すレベルで自分の活動スピードを意識的に変えていこう。

 

 

野田 拓志