hiroshi_noda’s diary

野田拓志が【アイデア、経営、起業】などをキーポイントに、全国の経営支援をする中で思ったことを書いていきます。

『アイデアで身の回りの人生を1cmでも良くしよう!』
アイデア発想・アイデア研究・経営・マーケティングなど
全国で経営支援をする中で気になったことを書いていきます。

羽田空港のNo,1は何か!?  (No.1の作り方プロジェクト)

f:id:hiroshi_noda:20180303220325j:plain

 

No.1でないと人間の記憶に残らない

というお話を

全国の経営者の前でお話させていただいています。

 

このNo.1というものはどうやって作っていけばいいんだろうか?

何かヒントになる事例などありませんか?

 

とご質問をいただくことがよくあります。

 

こんなお声にお応えして、

全国出張する中で見つけたNo.1を紹介しながら、

そのNo.1がどのように作られたのか?

ということを考えていこうと思います。

 

 

名付けて、

『No.1の作り方プロジェクト』!!!

 

まずは、第1回として、

出張をする時にお世話になる

羽田空港のNo.1について考えていきます。

 

羽田空港のNo.1は何があるのか?

ネットと羽田空港で調べてみると、、、

 

 

 

 

 

「The World's Cleanest Airports」

羽田空港国内線・国際線旅客ターミナル) 世界第1位

羽田空港はSKYTRAX社の実施する国際空港評価2部門で世界第1位 | 空港インフォメーション | 羽田空港国内線旅客ターミナル

 

そこには、

「World’s Best Airports」

(羽田空港国内線・国際線旅客ターミナル) 世界第2位

いうものもありました。

こちらは、残念ながら2位。

 

 

 

 

この事例を見て思ったのは、 

No.1(ナンバーワン)を作るときのひとつの方法として、


「分野を狭めていく」という方法が有効だということが言えそうです。


総合No.1は難しいものの、

1つの分野でNo.1、トップになる。

 

「分野の細分化」でトップになれる。

 

自分の業界の中ではNo.1は難しい。

でも、業界の中で「この部分に関して」

No.1かも知れないというものを見つけ、

それを外部に発信し始める方法でNo.1はつくれる。

 

 

 

 【No,1 まとめ】

羽田空港のNo,1は何ですか?」

と聞かれたら、

世界No,1のきれいな空港です!

とお答えできます。