『アイデアで身の回りの人生を1cmでも良くしよう!』
アイデア発想・アイデア研究などを書いていきます。

本田圭佑が持つ、リバウンドメンタリティとは!?

Jリーグの村井チェアマンと本田圭佑氏が対談をするAmazonプライムの動画

KEISUKE HONDA CAFE SURVIVEの中で出てくる言葉です。

 

 

 

 

 

同年代にプロサッカー選手として多くの選手がいたにも関わらず、本田、岡崎、西川(全員同い年)と今も日本代表の第一線で活躍し続ける人はわずか。

 

その差は何なのかということを、

村井チェアマンがリサーチをしたところ、

分かったことがある。

 

それは、今でも第一線で活躍している人は、リバウンドメンタリティが構築されているということだった。

 

 

このリバウンドメンタリティとは、

 

  1. サッカーは失敗確率がとても高いスポーツであるため、その失敗から復活するメンタリティか必要である。
  2.  傾聴力と発信力で構成される。
  3.  一般的には、打たれ強さのような言葉で表現される。

 

 

と映像の中では話をされている。

 

 

この話を聞いて、

私はリーンスタートアップPDCAのサイクルを思い出した。

スタートアップも事業を始めるとき、

直ぐには成功せず、失敗を繰り返す。

 

その中で、失敗から学び、または成功者からアドバイスをもらい進んでいく(傾聴力)。

さらに、良いと思ったアイデアを世の中に発信し、自分たちの仲間を増やしていく(発信力)。

 

このように、プロスポーツの中で成功している人と成功する企業のプロセスは非常に似ているのである。

 

どのようなジャンルにおいても、

成功者の共通点は似ているのかもしれないと

再認識させてもらった。