『アイデアで身の回りの人生を1cmでも良くしよう!』
アイデア発想・アイデア研究などを書いていきます。

不確実な時代だからこその「高速PDCA」

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきた すごいPDCA―――終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術』

の著者元ソフトバンク社長室室長

の三木雄信さんと先日お打合せを

させていただきました。

 

その時の話の中心は

ソフトバンクで実践されている

「高速PDCA」について。

 

同じタイミングで

効果があると考えられる施策を

並行して実施していく。

その効果を高めるために日次で修正していく。

 

その結果、効果の上がるものが明確になり、

初期お金がかかっても以降は

費用が抑えられるため、

トータルで考えるとコストも

抑えられるというものである。

 

この手法を行う際、

効果があると考えられる施策を挙げる

というアイデア発想が必要になる。

 

そんな時に、ソフトバンクでは

どのようなことを行なっているのか

質問してみた。

 

結果、先日のブログでもお伝えしたように、

イデアは組み合わせでしかないということを

再認識するようなお答えをいただいた。

 

ソフトバンクでは、

【自分たちの商品・サービス×日経トレンド50

のランキング】を掛け合わせて企画や施策が

つくれないか考えます。

 

現代は、不確実性が高いため、

施策を考えるという部分を

出来るだけ短くする必要があると考えております。

 

実施してみてうまく行ったものを繰り返していく。

そうやって最良の施策を見つけて続けてきたため、

ソフトバンクがここまで伸びてきた要因だと思いますよ。

 

 

ソフトバンクのアイデア発想はの手法はもちろんこれだけではないと思いますが、

実施に行われていたやり方を真似てみるというのはハードルが低く、すぐに実践できますね。

 

是非とも皆さんもご使用してみてはいかがでしょうか。