読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
『アイデアで身の回りの人生を1cmでも良くしよう!』
アイデア発想・アイデア研究などを書いていきます。

アイデア発想を行う時に欠かせない「資料の集め方」

書籍 実践

『資料集め』

アイデアのつくり方 | ジェームス W.ヤング, 竹内 均, 今井 茂雄 |本 | 通販 | Amazon

 

広告のアイデアは、
製品と消費者に関する特殊知識と、
人生とこの世の種々様々な出来事についての一般的知識との新しい組み合わせから
生まれてくるものなのである。

著者ジェームズ・W・ヤングは広告のアイデアを出すための
資料集めをこのように記載している。

 

日常的に情報が溢れている現代の世の中だからこそ、
裏を返すと、
自分が欲しい情報を集めることが
難しくなってきているとも言えます。


私が、自分が欲しい情報を集めている方法を
ここでは少しだけ記載していきます。


私は起業・経営支援をしているために、
様々なビジネスを知っておく必要がある。

 

そのため、新聞は毎日チェックすることはもちろんのこと、
雑誌の定期購読を行い、
強制的に情報をインプットするようにしています。

 

また、Geogle アラートにキーワードを入れ、
そのキーワードに関するニュースが届くようにしているのです。

Google アラート - ウェブ上の面白い新着コンテンツをチェック

 

このGeogle アラートは意外に知らない人が多いので、
是非とも取り入れて見てください。

詳細は、赤羽雄二(2013)『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』、ダイヤモンド社。に紹介があるので、

気になった方は是非とも読んでみてください。

www.amazon.co.jp


このように、人生の中にインプットの仕組みを強制的に入れて、
自分の欲しい資料を集めていく。

 

偉大なアイデアを生み出すためには、
このような小さな取り組みも欠かすことができないですね。